f:id:memetertan:20170119102657p:plain

東京タラレバ娘第4話の視聴率は11.4%でした。まだ11%台で踏みとどまってるんですね。視聴率1桁が当たり前の昨今のテレビ事情を考えると頑張ってる方ですね。というよりも、言っちゃ悪いですが「内容の割には頑張っている」と言った方がいいですか。はっきり言うと、もっと視聴率が落ちてもおかしくないほど面白くないと思うんですけど。

けっこうまだ高い?視聴率

f:id:memetertan:20170119103219p:plain

前の日に放送された『嘘の戦争』第5話の視聴率が11.5%でした。単純な比較はできないにせよ、いい勝負してるってことですよね。それがどうにも納得できない。なんというか、体感的な時間の長さが全然違うんですよ。『嘘の戦争』は見ているとあっという間に終わります。しかしタラレバの方は長い。長すぎる。感じる時間が。本当に両方とも同じ時間のドラマなのかと思うぐらい感じ方が違います。それっていうまでもなく面白さの違いですよ。

そんな回を重ねるごとにつまらなくなっていく東京タラレバ娘ですが、見るたんびに思うのは「原作はこんなんじゃねえんだろうな」ていうことっす。岡田斗司夫のニコ生を毎週見てるんですが、先週の放送で、東京タラレバ娘の原作者である東村アキコ、が来たわけじゃないんですが、東村アキコの友人の漫画家、山田玲司がゲストで来てました。

そこで岡田斗司夫が言っていたのが「東京タラレバ娘のドラマ、何であんなことになっちゃったの?」です。それを聞いて「あ~やっぱりな」て思いました、自分。そして、山田先生に「東村アキコさんはどう思っているの?」と、ストレートな質問もぶつけてました。山田さんは困りながら「僕の口からは言えません」て言ってましたけどね(笑)そりゃそうだわ。「あ、察し」ですねまさに。

で要するに何が言いたいかというと、「ドラマがつまらないので、逆に原作を読んでみたくなる」という現象が起こってるってことです。これ、新しいマーケティングの手法なんですかね?岡田斗司夫の絶賛するものは必ず面白いてこともないでしょうが、一応それなりの人が絶賛している漫画がつまらないわけないと思うんですよ。

「東京タラレバ娘」見逃し動画無料で観れます

f:id:memetertan:20170117120002p:plain

原作読まないと語ることが無い(笑)

f:id:memetertan:20170119103250p:plain

それが実写ドラマ化されたとたんこの体たらくですよ!「原作がこんなつまらないわけがない」これを合言葉に書店に走ってしまう。そんな人が続出してるんじゃないでしょうか。少なくとも、「このドラマ面白~い!原作も読んでみよう」ていう人はいないでしょう。(甚だしい決めつけ)いるんでしょうかね?そんな人。面白いか面白くないかを置いておいても、なぜか「原作はこんなんじゃないに違いない」ていう確信は持ててしまう不思議。

それでね、毎回毎回「こんなんじゃないはずだ」ともやもやするのもいい加減面倒くさくなってきました。なので、いい加減原作読んでみますわ。ネカフェかなんかで読もうかなとも思いましたが、それも面倒くさいので電子書籍かなんかで見ます。何か適当な電子書籍サイトでも探します。

で、ようやく第4話の話をしますけれども。倫子が他の2人に八つ当たりしてひどいことを言って喧嘩になってきまずくなったけれども、やっぱり私たちは、高校時代からの仲良しなんで結局、この3人でつるむしかないんだよね、だから仲直り!それを倫子ちゃんが金髪に高らかに宣言して、金髪には「アンタ役者に向いてるかも」て言って終わってました。

正直言って、もうこの原作漫画を読んでないこの状態では、これ以上このドラマをどうのこうの言う自信がないですわ(笑)何か内容が薄すぎて、特に語るべき感想を持ってないというね。ドラマブログにあるまじき状態に陥っているんですよ。原作を読んだら、原作に比べてこうだ、原作はああなのにドラマときたら…。とか言えるじゃないですか。

そんなどん詰まり状態を打開するためにも原作漫画を読むのは必須ですな。今確か単行本7巻まで出てるんでしたっけ。7巻をすべて読むのは難しいかもしれませんが、せめてドラマの内容に追いつくくらいは読みたいと思います。絶対に原作読んだ方が語ることができる、はず。⇒東京タラレバ娘 見逃し配信 1話はこちら

「東京タラレバ娘」見逃し動画無料で観れます

f:id:memetertan:20170117120002p:plain