f:id:memetertan:20170116185921p:plain

この記事はTBS系列で放映されている木村拓哉 主演のドラマ「A LIFE~愛しき人~」第5話の感想について書かれています。ドラマのあらすじに触れています。未見の方はネタバレ注意の上でお読みください。A LIFE~愛しき人~の見逃し配信動画 5話を視聴する方法なども語っています。ぜひお読みください。

「A LIFE~愛しき人~」見逃し動画が観れます

f:id:memetertan:20170117120002p:plain
f:id:memetertan:20170122220408p:plain

第5話は、羽村先生の恩師の医療ミスを見事解決するキムタク様

f:id:memetertan:20170116190209p:plain

はーい、『A LIFE~愛しき人~』第5話です。前回の最後にキムタクの前で深冬が倒れてしまいましたが今週のキムタクは活躍出来たのでしょうか。今回は、医療ミスと深冬の手術の方法を探すという難問だらけ。さすがのキムタクもピンチかと思いきや、キムタクはやはり違う。

キムタク演じる演じる沖田先生は、羽村先生の恩師の医療ミスの可能性がある患者をそんな事関係ないという感じのいつもの調子で診察します。しかも簡単に手術をして、またまた治してしまう格好良さ(笑)しかし、羽村先生と壮大先生のかつての恩師が、なんと武田鉄矢とは驚き。

武田鉄矢のあくの強さが、画面に出ていて医療ミスの話しをしているのが、何だか薄れていた感じ。しかも、このタイミングで羽村先生と壮大先生の恩師が登場とは(笑い)あくが強い武田鉄矢があっさりとした引き際も何だか、やけにあっさりとしているんじゃないのって感じ。

しかも、武田鉄矢演じる権威ある、かつての羽村先生と壮大先生の恩師は、最初は医療ミスをまるで認める気配なしだったのに、最後には羽村先生の告発に感謝の言葉を留守電に残す変わりっぷり。キムタク演じる沖田先生の影響で、みんな周りの先生が浄化されて、善人になっている。

そんな中でも、キムタクに浄化されないのが、壮大先生でどんどん悪人になっていって、挙句の果てに羽村先生と仲間割れをして、武田鉄矢演じる恩師に医療ミスを黙っておいてやるから、病院の提携をしろというお粗末さ。いったい、壮大先生はどこまで落ちて行くのかがもはや不明。

「A LIFE~愛しき人~」見逃し動画が観れます

f:id:memetertan:20170117120002p:plain
f:id:memetertan:20170122220408p:plain

沖田先生と深冬のじれったい関係は

f:id:memetertan:20170116190252p:plain

第1話から、進行している人妻である深冬を好きなキムタクは、まだ分かるがそれにしてもパニクリ過ぎの壮大先生の行動は、いったい何がしたいのか、何を守りたいのか羽村先生でなくても聞きたくなる。キムタク以外が、みんな感情の起伏が激しく正直怒ってばかりでよく分からない。

最初から深冬の手術の件では「愛する人」を切れないというのがキーワードになっている感じで、今回このキーワードが何回も登場してキムタクが愛する深冬先生の手術をする辛さを上手く演じていてやっぱりキムタクは、格好いい。しかし、他の人が何だかみんな中途半端な感じかゆがめない。

井川先生も、沖田先生の部屋に入って深冬先生の脳のレントゲン写真を見て、しまったのに「治せるんですか?」と他人任せでキムタク以外の医者は、みんな病気を治せないんじゃないのと、突っ込みを入れたくなる。井川先生に言われて熱くなるキムタクは、いつもの熱い格好良さだ。

いよいよ、深冬に病気の事を告示という事になるが、壮大先生が最初は自分が診断する「深冬に頼られたから」と夫らしく言っていたのに、結局キムタクが、深冬に告示をする事になっているのは、壮大先生あんなに熱く語っていたのに、あっさりと引き下がり過ぎで何か中途半端感がある。

「A LIFE~愛しき人~」見逃し動画が観れます

f:id:memetertan:20170117120002p:plain
f:id:memetertan:20170122220408p:plain

キムタクに病気の事を告示される、深冬が沖田先生に「壮大さんにプロポーズされたとメールで送った返事が、おめでとうだった」といきなり呟いていた事に驚き。ここでまた、その事をむし返すかと深冬先生の心理が、不明で深冬のためにあんなにパニックっている壮大先生が、可哀そう。

「おめでとう」というキムタクからのメールを何度も何度も見返したという、深冬先生の態度が何だか煮え切らない感じがあってスッキリしないし、それに戸惑っているキムタクも人妻に気があるのないのか分からないような態度は、いつものキムタクとは違い何だかスッキリしないし、やはり違う。

「おめでとう」のメールを見返した話しで、恋愛話になるのかと、一瞬思ったがいきなり、深冬先生が同じように自分の脳腫瘍の写真を何度も見返したといきなりの展開に、普通は自分の脳腫瘍の写真を見たら恋愛話とは、絡ませないだろうと思い、流れが少々強引な感じがして、深冬の心理がさらに不明に。

キムタクのいつも、患者さんを簡単に手術で治す姿は、格好いいけどそこに、人妻へのはっきりしない態度が絡んで来て、しかもその人妻が脳腫瘍という展開は、キムタク様のイメージではない気がする。深冬先生に病状を知られてしまって、いつも患者を簡単に治しているキムタク演じる沖田先生?

深冬と沖田先生、壮大先生のこの3人の関係も今一つはっきりしない感があるが、それでもこの3人はこの先どうなってしまうのかは、興味がわく。可哀そうなのは、菜々緒演じる弁護士先生もである。深冬の事で頭が一杯な壮大先生の愛人なんて可哀そう。菜々緒と壮大先生の関係に気付かない深冬も変。⇒U-NEXT で「A LIFE~愛しき人~」の見逃し動画を視聴する

「A LIFE~愛しき人~」見逃し動画が観れます

f:id:memetertan:20170117120002p:plain
f:id:memetertan:20170122220408p:plain