f:id:memetertan:20170122213416p:plain

はーい、『A LIFE~愛しき人~』第7話見ましたよ。第6話の終わりで深冬が沖田先生に不安をぶつけ、沖田先生が深冬を抱きしめてしまいました。それを見た壮大先生の嫉妬は、これからどこまで大きくなるのか心配です。

「A LIFE~愛しき人~」見逃し動画が観れます

f:id:memetertan:20170117120002p:plain
f:id:memetertan:20170122220408p:plain

第7話は、深冬の手術方法と14歳で乳がん

f:id:memetertan:20170116190252p:plain

壮大先生は、沖田先生が深冬を抱きしめた翌朝、台所で朝ご飯を鼻歌を歌いながら作っているのは、何だか逆に切ない感じがしちゃいましたね。菜々緒ちゃんと別れたと思ったけど、別れるのを止めたのは、何だか納得!

毎回、キムタク様演じる沖田先生の格好良さは際立っているんだけど、その反面浅野さん演じる壮大先生の情けなさや、壊れぷりが半端じゃない感じがして、壮大先生が可哀そうになってしまいます(笑)

前回、壮大先生と沖田先生の父親の接し方の違いで、壮大先生が卑屈になってしまった理由も分かりましたが、壮大先生をもう少し魅力ある描き方をしてもいいんじゃないしょうか?それにキムタクがキムタクを演じているような感じがします。

沖田先生とお父さん役の田中さんの、お寿司屋さんでのシーンが時々出て来ますが、田中さんは舞踊家でありながら、沖田先生のお父さんとして時々登場していい味出していますよね。もっと出番があればと思いますよ。

壮大先生の視点からは、過去の事を深く掘り下げた場面があるのに、沖田先生の視点からの過去を掘り下げたシーンが少なく、どうしても壮大先生の方に、感情が入ってこのドラマを見てしまいます。

「A LIFE~愛しき人~」見逃し動画が観れます

f:id:memetertan:20170117120002p:plain
f:id:memetertan:20170122220408p:plain

キムタク様は、周りがそんなに情けない人という設定でなくても、十分格好いいのにね。しかし、他の患者さんなら手術法を簡単に決めているのに深冬の時だけ、手術法が見つからないのは何故なんでしょうか。

単純に脳腫瘍を手術以外に治す方法もあるはずなのに、手術しかないみたいなのは、医療ドラマと考えるとなんか変化も(笑)まぁ、キムタク様を格好良く描くには、手術しかないんだろうけどね。

しかし、その格好いいキムタク演じる沖田先生が、いつもと違い出番が少なかったような。いろいろな所で醜態をさらす壮大先生の姿が妙に多かったような気がしちゃいますけど(笑)これは、もしかして壮大先生ファンの増加か!

確かに、壮大先生の醜態はいつも髪を振り乱して、全力で演技している感じがあり、ドラマも第7話まで進んで来ると、逆に壮大先生の醜態を見ないとこのドラマを見た気がしなくなって来ましたよ。

沖田先生が、深冬の手術方法を見つける事が出来ないなか、深冬の病状を深刻化し深冬自体が生きるための提案を沖田先生と壮大先生にします。竹内さんは、はっきりしない役より強い役の方が似合う気がするので今回は生きるための提案をする事で強さを感じれました。

竹内さん演じる深冬の役が、最初からはっきりしないし、脳腫瘍なのに患者の手術をさせたり、何だかその設定に違和感を感じていました。深冬に特別感を出すための設定かもしれませんが、違和感しか感じません。

しかし、壮大先生は深冬に対する愛情が深すぎて、手に入らなければ無くしてしまうなんて発言をして、歪んだ愛情ではあるが深いのがそのセリフと表情で伝わって来ます。

「A LIFE~愛しき人~」見逃し動画が観れます

f:id:memetertan:20170117120002p:plain
f:id:memetertan:20170122220408p:plain

14歳の乳がん患者を沖田先生はどう救う!

f:id:memetertan:20170130010827p:plain

今回の患者さんは、なんと14歳の乳がん患者なんですよね。14歳という年齢で乳がんというのは、かなり衝撃的なテーマではないでしょうか。それだけキムタク様がどうやってこの少女を救うのか気になります。

医師は乳腺外科医の女医の小島医師で財前直美さんが、演じていますが財前さん医者の役が似合いますね。乳腺外科の専門医である財前さん演じる女医先生は、14歳の乳がんはありえないと言います。

しかし、キムタク様演じる沖田先生は「乳がん」を疑います。財前さん演じる乳腺外科医は、14歳で乳がんは前例がないという主張です。財前さんこういう頑固というか意志の強そうな役が似合うと思いましたよ~

でも、自分が患者だったら、そんな乳がんは前例がないと、決めつける医師は嫌ですけどね。患者の立場に立ってくれる医師がいいですよね。毎回ですが、他の医者はまるで悪い人に描かれてますよね。

キムタク演じる沖田先生だけが、患者の立場に立てる医者っていうのは、ドラマ的にどうなんでしょう?有名な役者さんが脇を固めているのでもったいない気がします。

「14歳の乳がんはありえない」と周りの主張に納得しない、沖田先生の熱い姿はやっぱり格好いい!アメリカでの10歳の症例を見つけて来て、財前さんを納得させます。確かに「14歳の乳がん」は衝撃的ですね。

財前さんも協力してくれ、14歳の少女は無事に助かります。「初心に戻れ」というアメリカからのエールに沖田先生は、深冬先生の手術の可能性がゼロではない事をついに見つけ涙を流しましたね。いい涙でしたね。しかし、壮大先生の歪んだ愛の行方が心配です。⇒U-NEXT で「A LIFE~愛しき人~」の見逃し動画を視聴する

「A LIFE~愛しき人~」見逃し動画が観れます

f:id:memetertan:20170117120002p:plain
f:id:memetertan:20170122220408p:plain